キャバクラのボーイ同士の人間関係ってどうなの?

質のいいお店ならボーイの人間関係はいい!

働く環境を考える上で重要なのが同僚との人間関係。

特にナイトワークの世界はギスギスしてそうなイメージを持っている人も多いよね。仕事内容に文句なくても、人間関係が原因で仕事を辞めるなんてこともよくある話。

でも、質のいいお店は従業員同士の人間関係にも気を配ってるところがほとんど!

特に同じ仕事をするボーイ同士、楽しさも苦労も共有しあえるから休日まで一緒に遊びに行くような友達同士になるケースも珍しいことじゃないんだよね。

もちろんボーイ同士の上下関係はある。平均年齢もかなりまばらで、10代から働いてる大学生のバイトもいれば社員や経営幹部には30代、40代くらいの人もいる。

でもみんなまるで大学の部活の先輩後輩みたいに、分け隔てなく仲良くしてる人が多いから、ちゃんと働くお店選びを間違わなければ楽しく仕事ができるところが多い!

それはボーイ同士に限った話じゃないよ。例えば常連のお客さんとも顔なじみになれば、気軽に雑談できるような仲にもなるし、さらに言えば、店長やマネージャー、キャバ嬢たちともワイワイ仲良く仕事ができるお店だってある!

そのお店の人間関係も、優良店かどうかを見極める重要なポイントになるよ。

人間関係は出だしが肝心!

ただ、人間関係がいいお店だって、そこでのコミュニケーションのやり方を間違えれば孤立してしまうことは否めない。

当然だよね。例えばある学校の転校生として、それなりにコミュニティが出来上がってるところに放り込まれても、最初からそこに馴染めるなんてことはない。

自分からそのコミュニティの中に入っていくコミュニケーション能力はある程度必要になってくる。

でもそれはボーイの世界だけに限られた話じゃないよね。

ボーイの世界は特別怖い人ばかりの世界じゃなくて、思ったより普通の人ばかり。

自分からコミュニケーションを取って職場の人間関係の輪の中に積極的に入ろうとすれば、最初から良好な人間関係を築くことができるようになる。

特にボーイの世界は、今まで関わることがなかったような生い立ちを持つ人とも仲良くなることができるから、同僚の話を聞くだけでもかなり良い刺激になる。

時にはボーイの同僚だけでなく、お客さんと仲良くなれるところもあるのが楽しいところ。

キャバクラの常連になるようなお客さんは、かなり社会的に成功してキャリアもある人が多いから、そうした人と関わって人脈を作ることも自分の宝になるわけだしね。

働くときはボーイを大切にしているかどうかチェックしよう

ここまでボーイの人間関係について触れてきたけど、同僚やお客さんはもちろん、店舗経営者や店長との人間関係も重要だよね。

店長や幹部候補に気に入られることは直接昇格にもつながるわけだから、昇格したいと思ってる人はすごく気になるところ。

幸い僕は上司との関係も良好で、たまに飲みに連れて行ってもらえるくらいには仲良くなれたけど、必ずしも上司が全員ボーイとのコミュニケーションに積極的なわけではない。

でも、優良店ではお店の経営陣がボーイやスタッフを大切にしているところがほとんど。

スタッフを蔑ろにしているお店は長続きしない、というのが僕の持論。

上司ともコミュニケーションを密に取れるお店で働くことで、ボーイとして昇格することはもちろん、仕事そのものにもやりがいや楽しさを感じることができるようになるよ。

Scroll to top