キャバクラボーイが働いていて楽しい瞬間を包み隠さず伝えようと思う

ボーイの僕が働いてて楽しい瞬間ベスト3!

ボーイの仕事は厳しそうなイメージがあるかもしれないけど、現役ボーイの僕からすれば、それはボーイの仕事にやりがいを感じてないから!

ボーイだって真剣に続ければやりがいもあるし、働いていて楽しいと思えることもある。最初は覚えることがたくさんあって大変なのはどの仕事でも同じこと。

ここでは僕がボーイとして働いていて楽しいと思う時、やりがいを感じる瞬間のベスト3を大発表!

ボーイの仕事をしていると一度は経験するかもしれない楽しい瞬間を知れば、ボーイに対する魅力もより一層増していく。まずはやってみないことには始まらないよ!

お客さんから一緒に飲もうと誘われた時

お客さんから一緒に飲もうと誘われること、実は意外と多い。

特に気前の良い常連さんだと、ボトルをオーダーしてその席を担当するキャバ嬢もボーイも含めて「みんなで飲もう!」と提案してくる人も結構いる。

お店としては、断ってお客さんの気分を害してはいけないからほとんどのお店では誘われればボーイも飲んでOKのところが多い。

仕事中なのにちょっとした飲み会気分で盛り上がれるしお客さんとも仲良くなれる、こんな仕事は他にはないと思う。

でも当然のことだけど、ボーイの仕事を忘れてはいけない。お酒を勧められたら酔わない程度に飲んで、アイスの補充や灰皿交換の仕事を怠らないようにすることは必要。

でも、正直変に畏まって接客しなければいけないお客さんより、飲み会感覚で気軽にコミュニケーションを取りながら仕事ができるお客さんの方が仕事が円滑に進むよね。

お客さんとキャバ嬢とボーイ、みんなでお酒が飲める一体感は、一度体験するとボーイの仕事の楽しさに気づくことができるようになるよ。

キャバ嬢の付け回しがうまくいった時

付け回しは、お客さんにどのキャバ嬢を割り当てるか決める仕事。ある程度仕事ができるようになると任されることが多いんだけど、これがうまく行くと売り上げが全然違う。

お客さんを見て判断して、お客さんが好きそうなタイプのキャバ嬢を割り当てる。そのキャバ嬢がお客さんに気に入られたら、お客さんのお酒のペースも進むしまた次来店してもらえることにもつながる。

付け回しがうまくいけば、店長やキャバ嬢からも一目置かれる存在になれるから、「自分の仕事が認められた」という実感を得やすいんだよね。

特に付け回しは、掃除やアイス交換などとは違ってマニュアル業務じゃないからこそ、センスやボーイとしての経験で培った能力が問われる。

この能力が備わって来れば、ボーイとして認められ、スピーディな昇給や昇格を見込むことだってできる。

お店の中での地位もどんどん上がっていくから、ボーイの仕事にやりがいを感じられるようになっていくんだ。

キャバ嬢たちに慕われて誕生日とかを祝われた時

ひとつのキャバクラで長く働いて、店長やキャバ嬢たちにもお店の運営の一端を担う存在として認められれば、仲良くコミュニケーションを取ることも増えていく。これはどんな職場であれ同じこと!

でも、キャバクラは正直スタッフの入れ替わりが激しい仕事だから、その中で馴染みのキャバ嬢や同僚のボーイに「誕生日おめでとう!」と祝われるとかなり嬉しく感じる。

ちなみにこれは僕の実体験。それも突然のことで、正直自分の誕生日を同僚に話した記憶もないからかなりびっくりした(笑)

普段はただの仕事仲間だと思ってたキャバ嬢からも、一言誕生日を祝われて、それから「いつもありがとう」と感謝の言葉が。

どうやら店長が僕の身分証を見て誕生日を覚えてくれていたみたいで。

そのことが他のボーイやキャバ嬢にも伝わって、誕生日を祝ってくれたらしい。

出勤したら突然誕生日おめでとうと祝われ、仕事が終わったらボーイの先輩に誕生日祝いで飲みに連れて行かれて。

やっぱり何歳になっても祝われることは嬉しい、なんて月並みな表現だけど

「みんなから慕われてたんだ」って実感した時は、ボーイやっててよかったと思ったよ。

Scroll to top